Top

ウードゥとのへろへろ生活
by wwdo4
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
新しい家族
wwdoのひとりごと
shogameのひとりごと
しつけのこと
からだのこと
あそびのこと
いたずら
プラスwanキャンプ
wwdoの日常
未分類
お気に入りブログ
ぬるぅい畑生活
*こか*
ホワイトデビルちゃんぷ
イヌカメログ
オフサイド
プースケな日々
excite以外のLINK
フレンチブルドッグひろば

うちのボブ
PUDGY & OOLOO BONZO
ダンク&シュートのほのぼの日記
空クゥの成長日記
koumeですが何か?
Hot Diggity Dog!!
かのことミル
走れ!Q太郎=333 
空飛ぶっ☆ツナ
フレンチブルドッグ@源★アウトドア編
NO BUHI, NO LIFE.
BULLDAX
momolife アウトドア編
kenthouse5
INUUSA
☆SIROTA・AIRLINE☆
et cetelife
海ちゃん 元気
…………………………
■profile
名前:wwdo
   (ウードゥ)
犬種:フレンチブルドッグ
性別:♂
カラー:ブリンドル
住所:千葉県
誕生日:2007.10.7
誕生時:260g
出生地:東京都
…………………………
chichi=Shogame1
haha=Shogame2

最新のトラックバック
新ビオフェルミンS錠 5..
from お買得情報連絡便り
以前の記事
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
トイレ&お休み事情
wwdoのトイレは、普通のとちょっと違うスノコ型。
ブリーダーさんの所で見たのと似たようにした方が、トイレがわかりやすいと思ったことと、私がウンチの始末をするのにスノコの方がお掃除が楽と思ったからです。
それは、大正解だったのですが、まえ〜にブログに書いたように直ぐにはみ出すようになって、大型に買い換え。

ずっとケージに対して横置きにしていたのですが、最近またしてもはみ出しが多くなってしまい、とうとう

c0154581_2023341.jpg
ケージと同じ横置きになりました。



昼間は、私がいる時はもう自由にしているので、なんの問題もないのですが、問題があるのは夜寝る時です。
このケージ一応130cm位有るのですが、さすがに狭くなり、それで写真のように夜はクレートを合体させるようにしました。


ところが、このクレート。
どういう訳かある時から 全然入らなくなったのです。
以前は、気が向くと中に入ってお昼寝までしていたのに・・・・・。


c0154581_20343717.jpg
毎夜9時頃には、こんな風にクッションの上でお休み。



夜私たちが寝る時に「wwdo、ハウスで寝なさい」と言っても、前のようにすんなりケージに向かわなくなりました。
いつまでもうじうじと毛布やクッションの所にいて、まるで牛追いみたいにお尻を押さないとケージに入りません。



c0154581_20373661.jpg
お構いなく、ここで充分ですから。と 態度で示します。


でもここで、くじけたらいけないと、心を鬼にして、半ばお願いのようにとにかく説得しつつ、命令しつつ、

c0154581_20385368.jpg
こんなふてくされた可愛すぎる態度にもめげずに


毎晩15分以上かけて、牛追いです(笑)



実は、リンクしていただいているDOSくんの所も先日同じような話題でした。
お誕生日が近いので、何かと話題が重なることが多いのですが、これ程同じような感じだったことも珍しいです。
[PR]
Top▲ | by wwdo4 | 2008-05-15 20:45 | しつけのこと
<< 大好きな場所 | ページトップ | ドッグラン再び >>